INTERVIEW

GDO 志賀 智之 × タンバリン 中尾 達也
設計はあくまでも仮説。大切なのは素早く、数多く打席に立つこと

中尾 達也 / Tatsuya Nakao

株式会社タンバリン 取締役社長
2015年9月に株式会社タンバリンを設立。お客様のビジネスに深く入り込み貢献する受託開発事業を展開。SalesforceやHerokuなどのクラウドプラットフォームを活用したWebサービスの開発を多数手掛けてきた。
Twitter @tamb_nakao

志賀 智之/Tomoyuki Shiga

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン 執行役員 CMO/CIO
UNIX系開発会社を経て、株式会社ソフマップでECサービスのリニューアルや新サービスの立ち上げを担当し、子会社取締役に就任。さらにクライアントサービスの経験を積むべくネットイヤーグループへ入社した後、2008年に株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン入社。 IT戦略室長、情報活用推進部部長を歴任し、お客さま体験デザイン本部(現UXD本部)を設立、2018年より執行役員としてCMOとCIOを兼任。データを活用したブランディングからCRMまでフルファネルでのマーケティングと、全社的なIT統制やシステムのモダナイズを推進している。 最近はライフワークとして、ゴルフのリブランディングに挑戦中。

INTRODUCTION

ゴルフダイジェスト・オンライン(以下、GDO)は、日本最大級のゴルフポータルサイト。2000年にスタートし、2021年時点で会員数は490万人を超え、月間PV1.5億を誇るオンラインサービスです。開設当初から業界に先駆けたデジタル戦略によって、常に新しいゴルフ体験を提供してきたGDO。今回は、執行役員CMO/CIOの志賀智之さまをお招きし、タンバリン中尾がお話を伺いました。

【前編】ゴルフ場予約からスコア管理、そしてキャンプまで。ゴルフの“あたらしい”を創造し続ける」でも、志賀さまとの対談を公開中です。

※ このページはnoteからの転載記事です。

INTERVIEW

GDOのブランディングというよりも、ゴルフそのもののブランディングを

志賀さま(以下、敬称略):
新型ウィルスの蔓延も相まって、アウトドアスポーツとしてゴルフの需要が高まっています。一方で問題もおきていて、プレイスピードが遅いとかマナーが守られないという話も聞きます。 なのでGDOでは、これまでにゴルフに馴染みのなかった人たちにも安心してゴルフをプレイしていただくために、楽しみ方や正しいプレイスタイルを伝えていくことにも取り組んでいきたいと思っています。

中尾:
すごいですね。ゴルフを中心にひとつの生態系をつくっているようです。

志賀:
GDO自体のブランディングというよりも、ゴルフそのもののブランディングをしていると思っています。GDOはずっとデジタルで新しいゴルフ体験を拡張してきました。たとえば昔は予約するのも電話しないといけませんでした。それがオンラインでできるようになった。予約する、買い物をする、メディアを読む、スコアを記録する。だからバリューのひとつとして「ゴルフの“あたらしい”を創造する ~Innovate Golf~」を掲げているし、新しいゴルフの価値をこれからも提供し続けていきたいと思っています。

常にアジャイル思考で、動きながら進むべき方角を見出す

中尾:
今日も本当に勉強になります。僕が住んでいる大阪に来ていただいたときも、たくさんお話を聞かせていただきましたよね。

志賀:
大阪のセンベロで呑んだよね笑。

中尾:
あのときもすごく盛り上がりました笑。志賀さんとは長いおつきあいになりますが、タンバリンとの関わりは、2018〜2019年頃のServiceCloudのチャット連携がはじまりだったと思います。

志賀:
あの当時、Salesforceの開発は小回りの効くベンダーさんがまだまだ少なかったんですよね。スクラッチでガリガリ組んで、要件定義や設計があってみたいな感じになると、プロジェクトが太ってしまって、時間やコストがかかり過ぎてしまって……。タンバリンさんはそこをアジャイルっぽくやって、非常に小回りがきいていいなという印象でした。

中尾:
そういう組織でありたいなってやってきたので、そう言っていただけるととてもうれしいです。

志賀:
Salesforceって、ServiceCloudとかセールスオートメーション以外のところでもいろいろ活用することができますよね。そういうSalesforceのいいところをタンバリンさんはよく理解されていると思います。今でも結構チャレンジングな案件も、一緒に考えて取り組んでもらっています。

僕たちの設計は仮説でしかない。だから、打席に立つ数が大事

中尾:
顧客体験でいうと、要件決まってから動き出すと1~2年とかかかってしまうので、エンドユーザーが求めるものとずれていく気がします。

志賀:
やると決めたら3ヶ月くらいでやりきりたいよね。そこで一度形にしてみて、まずは打席に立つ。

中尾:
つくりきっちゃうのではなく、どんどん変えながら進路を決めていく。

志賀:
そうだね。あーだこーだと議論する前に、100回打席に立つほうが大事だと思います。僕らがどんなに素晴らしいコミュニケーションだと思って顧客体験設計をしても、それは仮説でしかないんです。だから、いかに早く出して、いかに早く評価してもらって、いかにフィードバックをもらって、変えていくかっていうことが大事。

中尾:
まさに、そういう動きが一緒にできる会社になりたいと思っています。

ここは使う、使わない。はっきりと導ける存在であり続ける

志賀:
SalesforceはマーケティングやCRM(Customer Relationship Management)に必要な機能がもともと備わっていますから、いちからつくる必要がありません。僕たちにとってはいかに時間を短縮できるかが重要で、ありものをうまくつなぎ合わせることで、スピード感を持って、マーケットにサービスを届けていくことができます。僕はそこにすごく可能性を感じています。

中尾:
ここは元々あるものを使って、デフォルトのまま行きましょうという勘所とかもすごく大切で、製品知識は重要だと思っています。

志賀:
そこはSalesforceさん以上に、タンバリンさんがわかっててほしかったりしますね笑。開発だからこそ見えてくるところがある。ここは使ってここは使わないって言ってくれるベンダーさんであってほしいです。

志賀:
タンバリンがやるなら、マーケティングオートメーションの導入を考えているお客さまにシナリオから提案できると面白そうですね。こういうシナリオがあって、それにはこういうデータが必要だから、CDP(Customer Data Platform)に貯める情報はこれでしょう……みたいな。シナリオはカジュアルでよくて、そこもタンバリンらしくお客さまに評価してもらいながら変えていく。

中尾:
僕らは分析の専門家ではないのですが、データを集める支援とか、ある程度データを読みながら打ち手を提案できると強いのかなと考えることがあります。

中尾:
お客さまとしっかり認識合わせをしながら、シナリオに必要なデータは何だろうと一緒に考えていく感じですね。

志賀:
タンバリンにはそういう切り口でもアジャイルでいてほしいなと思いますね、そこが独自の価値だと思いますから。

中尾:
ありがとうございます!正直いうと僕らが「アジャイル」って言い出したのは志賀さんにそう言っていただいたところが大きいです。これからも、変化しながら一緒に進んでいけるベンダーであり続けたいと思います。今日のお話はとても感慨深いです、ありがとうございました。

志賀:
こちらこそ、楽しい時間をありがとうございました。またセンベロに行きましょう笑。